楯の会事件(三島事件)とは

三島由紀夫と森田必勝が自決した「楯の会事件」(三島事件)は、まさに「義挙」と呼ぶべきものでした。退廃する戦後日本社会に対し、この両烈士は死を持って諌めたのです。

【義挙】(ぎきょ)正義のために事を起こすこと。義のためにする行為。

楯の会事件を「義挙」とする私たちは、三島由紀夫と森田必勝を「烈士」と尊称します。この両烈士の死は、世の中に大きな衝撃を与え、いまも衝撃を与え続けています。

【烈士】(れっし)気性が激しく節義の高い人。革命や維新などにおいて戦い功績を残し、犠牲となった人物またはその人物の称号。

正式な憂国忌は11月25日ですが、福岡憂国忌は毎年23日(新嘗祭/勤労感謝の日)に挙行しています。

昭和45年11月25日に三島由紀夫が楯の会の学生らを率いて陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地(現在の防衛省)で起こした事件を俗に「三島事件」と呼びますが、この事件では三島由紀夫だけでなく森田必勝も自決していますので、「楯の会事件」と呼ぶのが相応しいと言えるでしょう。

三島由紀夫の自決(割腹自殺)を小説家の自殺に連ねることは間違いです。芥川龍之介、太宰治、川端康成などが自殺しており、文学的自殺と呼ばれることがありますが、三島由紀夫の場合は戦闘死の一種としての自決です。だから「切腹」なのです。

戦後日本ではよく「生きろ」という言葉が尊重されます。アニメ映画のキャッチコピーになったこともあります。生きてさえいれば良い、どんなに惨めでも良い、という考え方です。死んでしまえば全てお終いと言われます。これは正しいのでしょうか?

命は尊いものです。しかし生きながらえることが全てではありません。誰かの犠牲によって、共同体の危機が回避される、という事例は、人類史上数えきれない程あります。命よりも尊いものがある、三島由紀夫はそう叫んで死んだのです。