三島由紀夫読詠会@福岡『憂国』『英霊の声』10/22(木)19:00-

ノーベル文学賞候補にもなった日本が誇る文豪・三島由紀夫の文学作品の朗読会です。難解と思われがちな三島作品ですが、声に出して読んでみると理解度が深まります。

三島作品を読んだことが無い方も大歓迎!是非お気軽に体験して見てください。参加費は無料です。

今回のテーマは三島由紀夫による短編『憂国』『英霊の声』です。三島文学において最大の問題作であり、自決の謎を解く鍵であるともされています。

興味のある方は是非お気軽にご参加ください。

日時:令和2年10月22日(木)19:00-20:30
会場:福岡市(詳細はお問い合わせください)
会費:無料

ビデオチャットでも参加できます

本イベントについて、ビデオチャットによる参加を受け付けます。参加希望の方は、下記メールフォームより事前にお申し込み下さい。参加用URLをお送りします。

読詠会の手順(90分)

①代表朗読(5分)
②解説(5分)
③ディスカッション(10分)
④一斉朗読×2回(10分)
以上を3回(3箇所)行う

これまでの読詠会

平成31年3月23日 『花ざかりの森』『天人五衰』(「豊饒の海」第四巻)
平成31年4月25日 『豊饒の海』
令和元年 5月23日 『仮面の告白』
令和元年 6月27日 『蘭陵王』
令和元年12月12日 『金閣寺』
令和2年 1月23日 『潮騒』
令和2年 2月27日 『絹と明察』
令和2年 3月26日 『美しい星』
令和2年 4月23日 『午後の曳航』
令和2年 5月28日 『青の時代』
令和2年 6月25日 『黒蜥蜴』『わが友ヒットラー』『サド侯爵夫人』
令和2年 7月23日 『真夏の死』『仲間』『独楽』
令和2年 8月27日 『奔馬』(「豊饒の海」第二巻)
令和2年 9月24日 『暁の寺』(「豊饒の海」第三巻)